モンテセラピーとは?

 モンテとは「上がる」という意味で、つまりリフトアップするということ。東洋医学の考え方をベースに日本で生まれたトリートメントです。1年は365日、この数とほぼ同数のツボが私たちの体表にあるといわれています。東洋医学では目には見えませんが、ツボとツボとを結ぶ「経絡」という生命エネルギーの伝達ラインがあって「気、血、水」の流れをコントロールして全身の機能を正常に働かせていると考えています。鉄道に例えるならツボが駅で経絡はそれをつなぐレールといえるでしょう。経絡は体の土台である骨格や筋肉の形に沿って流れています。

  ところが姿勢や生活習慣、老化などによって筋肉が歪んでしまうと経絡も滞り、血行、リンパの流れが悪くなってむくみや冷え、などの原因になります。モンテセラピーは筋肉の歪みを正し、経絡を整えるハンドマッサージで人が本来持っている健康で美しく生きる力=恒常性維持機能を高めてリフトアップしたボディーライン、フェイスラインを実現するものです。なので、ただ脚が細くなった、ウエストが引き締まったなどの外見の美しさだけでなく、自律神経が整い、免疫力がアップするなど、内面から輝く美しさが得られるのです。

 施術の時に使うエッセンスやマッサージクリームなどの商品も天然の植物や天然鉱石をブレンドしたものを使います。サロンの中で大自然を体感できるように開発されたものなのです。

モンテセラピー
Mujaki

mujaki-sappporo 
 

札幌市南区北ノ沢

2丁目19-7

050-5216-4833

モンテセラピー協会

モンテセラピー協会は人間本来の持つ 恒常性維持機能(ホメオスタシス)を高め、正常化する考え方と技術と商品を広め、美と健康で社会に貢献します

  • 熊野栄子