玄米食のおすすめ

September 12, 2017

 

 私は玄米を食べるようになってから、お肌を褒められるようになりました。

結婚するまでは白米でしたが、夫が100%玄米を食べていたのです。

一緒に暮らすようになって、最初は自信がなかったのですが、

食べてみたら、意外に美味しくてずっと続けています。

 

玄米のいいところは

便秘が解消されて新陳代謝が良くなります。

免疫力が高まります。

自律神経のバランスを整えてくれます。

ビタミンB  E 、 ミネラルが豊富で繊維質などの抗酸化物質が多く含まれています。

だから生活習慣病の予防になります。

 

ねっ?いいところがたくさんあるでしょう?

いいとこ取りができたので、私のお肌はツヤが出て、キメが整い、ワントーン色が

白くなりました。

これ、玄米のおかげだと思っています。

 

では、美味しく炊くコツお伝えしますね。

玄米はそのままではある種の毒を含んでいるものですから、お水につけて取り除くと

良いです。

フタつきの容器(タッパー)に玄米を入れ、お水をたっぷり注いで、冷蔵庫に入れます。

2昼夜(48時間)置いた玄米はたっぷり水を吸収し、真っ白になります。

浸けていた玄米をザルに入れてサッと水洗いします。

あとは炊飯器を玄米モードにセットして炊くだけです。

玄米モードがない方は白米の5割増し(2合の時は3合)の水加減で炊飯します。

(室内に長時間置くと嫌な臭いがするので必ず冷蔵庫に入れましょう)

 

これだけでも十分ですが、さらに我が家では黒米ともち麦も混ぜて炊いています。

 

お化粧品も大事ですが、体の内面からも美しくなりましょう。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

January 21, 2018

September 12, 2017

July 17, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • 熊野 栄子
Mujaki

mujaki-sappporo 
 

札幌市南区北ノ沢

2丁目19-7

050-5216-4833

モンテセラピー協会

モンテセラピー協会は人間本来の持つ 恒常性維持機能(ホメオスタシス)を高め、正常化する考え方と技術と商品を広め、美と健康で社会に貢献します

  • 熊野栄子